慶應義塾大学医学部の偏差値

慶應義塾大学医学部の偏差値

慶應義塾大学は、日本を代表する有名私立大学ですが、中でも医学部は偏差値が高いことで知られています。

慶應義塾大学の医学部の偏差値は、74程度で他の学部と比べても群を抜いて高いことがわかります。

医学部というと国立のイメージが強いかもしれませんが、上位国立医大が研究者養成を目指しているのに対して、慶應義塾大学は臨床医育成に力を入れています。

1年次は一般教養と介護施設などの研修、2年次は基礎医学、3年次は生物学・社会学の観点から医療を学び、4年次に臨床医学を学びます。

また、慶應義塾大学はユニークなカリキュラムを採用しており、4年次になりと学生が自ら興味のあるテーマを選んで研究する自主学習を行なっています。

5.6年次には付属病院や関連病院で臨床実習をしたり、優秀な学生向けに6年次になると欧米の医療機関で1ヶ月間臨床実習に参加するプログラムがあります。

慶應義塾大学の医学部の特徴

慶應義塾大学の医学部の特徴

慶應義塾大学医学部は総合大学の強みを生かしており、広い視野をもって医学の教育を実施しております。

その特徴的なものは、医学部、看護医療学部、薬学部の医療系3学部で「チーム医療」を前提に合同教育を行っているところです。

各学部、学生のうちから相互に交流を深め、将来の患者さん中心のグループアプローチによる医療を考えた教育がなされます。これには初期教育・中期教育・後期教育という3段階で行われます。

初期教育は3学部の学生、1年次に施され、「将来のチーム医療を見据え、チームワークの有用性」を体験。

医学部4年生、看護医療学部2年生、薬学部薬学科4年生を対象にした「よいチーム医療とは何かを理解すること」を目的としたプログラムもあります。

こちらは中期教育として、医学部6年生、看護医療学部4年生、薬学部薬学科6年生を対象にした「チーム医療の実践」は後期教育となります。他には3学部合同臨床実習プログラムも行われています。

慶應義塾大学の学費

慶應義塾大学の学費

慶應義塾大学は福沢諭吉が創設した大学で、早稲田大学と共に私立大学の雄として君臨する大学です。

日本でも最難関に位置する大学で、卒業生も各分野で活躍しています。

慶應義塾大学には、文学・経済・法学・商学・理工学・医学の六つの学部が存在し、学費の内訳は文系と理系と違いが存在します。

費用の内訳には入学金の20万、在籍基本料6万の二つはどの学部も一律になります。

ただ学費の中でも授業料は文学・経済・法学・商学の文系は85万円となり、医学部では304万円、理工学部が123万円です。

また施設利用費などもかかり、文系は19万円と一律で医学部は34万、理工学部は22万円となります。

他に費用としては教育実習費、その他の費用も存在しますが、慶應義塾大学は私立大学の中でも学費が比較的に安い分類に入ると言われています。