京都大学医学部の偏差値

京都大学医学部の偏差値

京都大学医学部は、東大理科三類に次ぐ難易度を誇っており、偏差値は70~75程度とされています。

西日本最難関の大学として有名です。明治32年に医科大学を開設して、昭和26年に「京都大学医学部」が発足されました。

医学部は研究実績において世界レベルを誇っており、医師や研究者など多くの著名人を輩出しています。

偏差値の高さは学科試験のみだけではなく、面接では医師・医学研究者としての適性を評価するので、面接の点数付けが厳しいことでも有名です。

また、全国の医学部の中でも圧倒的に、男性の割合が高いです。京都大学は、施設や設備が最先端の医療施設さながらの実習を行い、高技術を学ぶことができる素晴らしさあるので、高い目標を持つ方には、ぜひおすすめの大学です。

京都大学の医学部の特徴

京都大学の医学部の特徴

京都大学は京都府京都市に本部を置いている国立大学です。日本に2番目に創設された帝国大学の流れを汲んでいる大学であり、日本でもトップクラスの難関大学です。

校風としては自由の精神があり、自由に学ぶことができる大学となっています。そんな京都大学で高く評価されているのが医学部です。

京都大学の医学部の特徴としては次世代の医学を担う医学研究者を育成していることです。既存の知識にとどまらず、自分で考えて新たな知を創出できる人間を育成しています。

また、高い倫理観を持って行動できる人間を育成しているのです。そのため、次世代の医学を担う人材を育てることができているのです。京都大学の医学部は高いレベルで医学を学ぶことができます。

京都大学の学費

京都大学の学費

京都大学は東京大学に並ぶ国立大学の中でもナンバー2とも言われる大学で、ノーベル賞受賞者の数が多い事でも知られている大学です。

学費については入学料と授業料の二つの費用に分けられ、入学料は入学時のみに納め、授業料は前期・後期と2回に分けて納める形態となります。

2017年度の場合だと入学料が282,000円、授業料が年間535,800円となり、授業料は半期分の267,900円ずつ納めます。

京都大学は国立大学でありますので、他の国立大学とほぼ学費などの費用は変わらないのが特徴的です。

なお私立大学の様に施設利用費などの負担が存在せず、文系・理系とも一律となりますので、理系で通学する上では有利です。

京都大学の様な国立大学は、学費の安さを理由として学生に好まれます。